古い無線機等の修理・改造・調整等

   最終更新日 2016年05月23日(月)

基本的にディスクリート部品を使用した古い無線機器の修理です。
カスタムLSI・チップ部品そして多層基板等を使用した、近年の機器は技術的に手に負えません・・・
クリックすると、その機器記録ページに飛びます。
※工事中ばかりで申し訳ありません、徐々に整備・公開していきます。
表示されている無線機以外の、待機中の機器もあります。 文字をクリックすると、記録ページにジャンプします。上が新しく、下に行く程古い記録となります。


 真空管ラジオの修理等

  最終更新日 2013年01月26日

(土)
真空管ラジオは良いですね。
回路が単純なので、修理も無線機の様にハマる事も殆ど無いですし、何と言っても虫眼鏡が必要ありません。
修理後、個性溢れるその姿を見ながら、その柔らかな受信音(放送)を聞いていると心が和み、日頃の嫌な事を忘れさせてくれます。
また、外ケース無の裸のままでも、ヒータの淡い明かりが魅力的です。
技術的興味は殆どありませんが、真空管ラジオの修理には、何とも言えない魅力があり、それがたまりません。
一見朽ちている様でも、ちょっと手を入れ磨いてやれば、ハッとする様な美人になる、ような・・・
オークション等で真空管ラジオの出品をちらほら見ていると、ついフラフラと入札してしまいます。
しかし、入札金額が低いので、めったに落札できません・・・ (^_^;)
それでも運良く入手できたのが、少しずつ増えてきましたので、徐々に御紹介していきます。


 パソコン・家電・その他の修理等

  最終更新日 2018年06月24日(日)

パソコンや周辺機器の設定、生活家電の修理等です。
家電機器の修理は重大な危険や損失を伴う事がありますので、参考程度に見て下さい・・・ <m(__)m>
公開内容についても当局は一切の瑕疵を負いません。
質問にも一切答えられません事をご了承ください。
修理デスクの紹介

修理デスク前景写真

現在は配置換えで、左隣に実験デスクがあります。
机の上はいつも小物等が散らばっています・・・ 実験用基板はどうするか・・・

KIKUSUI KSG4500T SSG

菊水のシグナルジェネレータですが、難ありで入手しました。
AM変調が掛りずらいのと、減衰器のロータリースイッチが言う事を聞きません。
いちいち中央のプッシュボタンで出力レベルは指定する事になり、煩わしいです。
発生周波数はスムーズに可変可能なので、アマチュアには十分です。
古いですが、発生周波数や出力レベルは割と正確です。

IWATSU SS-6122A 100MHZ アナログオシロスコープ

運良く安価に落札できました。(出品者様ありがとうございます)
後で分かったのですが、画面下部に現在使用レンジが表示され見やすく、画面上部には測定周波数が表示される、周波数カウンタ機能も付いており、超便利なアナログオシロです。
その他の機能も必要十分にありますが、当局レベルでは使いこなしていません・・・

KENWOOD CS-5375 100MHZ アナログオシロスコープ

オークションで、だれも競合者が無く、安価に入手しました
古い機器ですが、今の所ちゃんと動作しています。
現在はKSG4500Tから14MHZを入力、表示しています。
周波数等を表示する機能はありませんが、
背面の出力端子より入力された周波数等をカウントできます。

ADVANTEST TR-5822 周波数カウンタ

ヤフオクでも良く出品されていますので、お持ちの方も多いと思います。
このTR5822はKSG4310と殆ど周波数の差は無く、古い割りに結構正確と思われます。
現在はオシロCS-5375からの出力をカウントしています。
オシロへの信号は、KSG4500Tから14MHZを入力しています

TRIO SG-402 テストオシレータ

アナログ発振器なので、表示目盛は粗いですが、カウンタで見てみると意外と目盛が正確で驚いています。
真空管ラジオや9R59D等のアナログ受信機のトラッキング調整は、これと周波数カウンタの同時使用で、鼻歌交じりでの快適調整です。
使い勝手の良い機器ですが、リグの受信調整には役不足です・・・

TRIO AG-202A オーディオジェネレータ

同じ型番で出力がRCAプラグの物と、本機の様なバナナプラグ用があるようです。
以前このデスクで使用していたのはRCAタイプでした。
出力波形もきれいな正弦波で使い易い機器です

KENWOOD PR18-5A 直流安定化電源

アナログメータがお気に入りの定電圧・電流電源です。
電圧・電流が同時に表示され、ちら見で表示が判るので便利です。
10Wのトランシーバ出力調整でも電流容量が耐えられます。

KURANISHI  SWR&WATTOMETER RW-215M

クラニシのSWR計で、背面にダミーロードを接続しています。
このデスクでは終端型パワー計として使用しています。

TAKEDARIKEN TR-6841 デジタルマルチメータ

据え置きのテスタも見易くて使い易いです。
しかし機動性が無いので、ここ修理デスクでは、
小さなマルチメータばかり使用していますが・・・

ケミコンテスタ (画像左側)

真空管セットの修復に何かと便利なアイテムです。
これは自分で作るかヤフオク等で入手するかになります。
当局は自作せず、ヤフオクで入手しました。

マルチメーター METEX M3870D

 要するにテスターですが高校時代に買ったアナログテスターも残っています。
昔秋月で購入したMETEXのM-3870Dが、Cap,,H,hfe,Freq他の測定等多機能で表示画面も大きく、何かと便利ですが、普段は秋月のP10が気軽に使えて、お気に入りです。
このP10は各局さんも複数台お持ちとは思いますが。

LCRメーター DE-5000

秋月電子で購入しました。
安価な割に、使い易くて便利です。
精度は確認のしようが無いので不明です。
よって、当局ではこの機器が標準となります。
画像はでコードを接続して10uHチョークコイルを測定しています。
普段は接続コードは使用せず、直接本体の挿入口に差し込んで使用しています。
L・Cはもちろん、もはやテスタで抵抗値の確認はやらなくなり、この機器で行います。
修理ではあまり使いませんが、実験や製作では使用頻度がとても高いです。
現時点では(2013年)お気に入り測定器の一品です。
戻る  JA0QONホームページTOPへ戻る